calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

profile

すずたん&まさむーね

BL×B.L.Peopl

Blog Peple お気に入りblog

わか奈のパシャっとね♪


categories

archives

PR

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

    0
    • 2011.05.08 Sunday
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ミステリ

     仕事の帰りに図書館に通える環境なので、ぽつぽつ行っては本を読んだりしていたのですが、東日本大震災以降ちょと行っていませんでした。
    震災の影響で図書館自体が開館していなかったのと、仕事の後はすぐに家に帰りたい心境だったのもあって。
    徐々に生活が落ち着いてきたし、気分転換に図書館へ通うのを始めてみました。

    図書館は震災などなかったかのように賑わっており、座るイスもほとんど空いていないほど。
    特に目的もなく、本棚の間をウロウロして、目についた気になる本を手に取って立ち読みして、もっと読みたい感じだとイスを探し座って読み、最終的に気になったものを借りて帰ります。
    何か話が読みたくて物色していたところ目に入ったのが、有栖川有栖の名前。
    実は名前は知っていても読んだことはなくて、友達にドラマCDを聴かせてもらっていて興味があったのを思い出した。

    一番初めにドラマCDを聴いた時は、耳から入ってくるだけでミステリを理解するのはちょっと難しかった。
    登場人物も多いし、読むのとは違って、こちらが「ん?」っと思ってもどんどん進んじゃう(苦笑)
    でも面白かったので、機会があったら読んでみたかったんだよね。
    で、ドラマCDの原作「46番目の密室」はなかったので、「朱色の研究」を借りたのです。
    何冊か棚には合ったんだけれど、いわゆる作家シリーズというのがどれかわからないので、中をパラパラ見て、登場人物の名前で判断。

    初めて読んでみたけれど面白かった!
    読んでいる時は、もちろんアリスの声は鈴たんで、火村の声はヒロCで聞こえてくる(笑)
    その後、特に出版年月関係なく、借りれそうなものを手当たり次第に読んでいます。
    この週末は、2枚目の「スイス時計の謎」も聞かせてもらい、更に借りてきた数冊をがつがつ読みました。
    面白い、面白いよ!
    ちょっと役に立ってなさそうなアリスとか、火村のつっけんどんな感じとか好きだなー。
    今は作家シリーズしか読んでいないのだけれど、そのうち学生シリーズもちょっと読んでみたい。


    イメージ・アルバム,神谷浩史,鈴村健一,浜田賢二,遊佐浩二,中田愛乃,小野坂昌也,中井和哉,咲乃藍里,入野自由,高田みほ

    イメージ・アルバム,神谷浩史,鈴村健一,置鮎龍太郎,藤原啓治,関俊彦,小西克幸,三木眞一郎,三宅健太,飯塚昭三,東地宏樹
    (2011-02-24)


    元気になる曲

    シェリル・ノーム starring May’n&ランカ・リー=中島愛 produced by 菅野よう子
    (2011-03-09)

    ヤシマ作戦という節電を心掛けているので、普段よりPCの前に座って作業している時間が少ない日々です。
    そんな時、作業のお供に流している曲がこちら。
    ちょうど発売時期が3月9日で手元にある曲たちの中でも最新っていうのももちろんですが、聴いていると元気が出てきます。

    マクロスFの方は、どこかフロンティアのために、みんなのために戦うS.M.S.や軍の姿が原発の処理にあたっている自衛隊や東京消防庁の姿と重なったり。
    シェリルやランカの歌声が頑張るみんなの背中を支えてくれているような、そんな風に感じながら聴いています。
    明るい曲ばかりや応援するような曲ばかりだと、それはそれで逆に頑張らなきゃって気負ってしまうので、今の私には静かに浸透してくるようで毎日リピってます。

    鈴たんの曲は大半が元気いっぱいなので、リピるほどではないのですが、やっぱり前向きになれる曲で励まされてます。
    笑顔で歌う鈴たんの姿が浮かんできて、それでこちらも笑顔になれてます。

    せめて、被災していない私たちは笑って元気出して支えていかないとね。


    頑張ろう、奥州!!

    いろんなことが起こりすぎて、
    正直どんな事を書いていいのか、言葉を選ぶのがとても難しいです。


    ツイッターのアイコン用に描いていた絵です。
    モンハン(MHP3)で、ハンターを小十郎、オトモアイルーに政宗&梵天丸と名付けてプレイしています。
    これを書いている現在はHR4。
    まだ上位の狩りには慣れません… (´ヘ`;)
    既に、政宗&梵天丸はLv.20の懐きMAXに育ったので、どちらかとまだ育っていない幸村か家康を連れて狩りに行っています。

    そんなこんなで、政宗&梵天丸の両手に花な小十郎です。
    二人はオトモアイルー(ネコのちょっと大きい感じ)なのでネコ耳なのです。

     

    実際にアイコンに使っているのは、ちょっと違いますが…。

    つい、暗くなりがちだけど、下ばかり向いてちゃダメだよね。
    出来るだけヤシマ作戦を遂行。(PC使ってるんで説得力ないけど…他は節電中!)

    少しでも早く、奥州に笑顔と元気と穏やかな時間が戻ってくることを祈り、今自分に出来ることで応援していきます。



    狩りって大変

    あけましておめでとうございます。
    気が付けば前回の更新から一ヶ月経っておりました。
    元気にやっておりましたよ。

    さて、世の中の波に乗っかって、プレイしてます(笑)
    体験版をやってみた時は、あまりの恐怖感にこんなゲーム出来ない!って震えてました。
    だって、大型モンスターに発見されて追いかけられて吹っ飛んで…。
    どこが楽しいのか全く分からず…。
    特にプレイする予定はなかったんですが…友達のもとにダブってしまったソフトがあったので、ちょうど興味を持ち始めたのとタイミングがあったから引き取ってプレイし始めたのです。

    現在、村クエスト4ですが、ちょっとこの先戦えるのかしら?って感じです。
    あ、もちろん下位であります。
    やはり大型と戦うのはしんどくて…。
    正直、いまだに怖い。
    装備とか、武器とか、何をどうしていいのかがよくわからないです(苦笑)
    どれ作って装備したらいいんだい?
    攻略サイトとかも参考にさせてもらってますが、どうも、初心者には優しくなくてね。
    ん…経験者にはわかるのかもだけど、初心者には専門用語?略語?についていけず…。
    まあ、いろいろ検索しながらプレイしております。

    友達と一緒にプレイする機会を作って遊んでみましたが、これ、一緒に狩りすると楽しくなりますね。
    楽しく…っていうか、頑張れる。
    一人だと諦めがちになるところだけど、一緒に戦ってると、自分が吹っ飛んでいる間も戦っている友がいて、諦めている場合じゃねぇなって。
    足を引っ張らないようにしないとね。



    真っ赤なお鼻の〜♪

    アイコン描き直しました…。
    今回は、トナカイこじゅを追加してみました。
    えーと、前回よりは良いかしら??
    アイコンは小さい画像になるので、それも考慮しつつ、正方形の中でうまく表現したいんですけどねー。
    難しいです(;-_-)=3

    ツイッターのアイコンって、ころころ変えてしまうと、フォローしてくれてる方たちにはわかりにくくて迷惑なのかも??って思いはするんですけどね…ごめんなさい。
    クリスマス後にはまた変えなきゃです。


    メリークリスマスだぜ!ヒアウィゴー!(笑)

    ツイッター用アイコンに…と描いたものの、なんだか残念な結果にショボーン..._φ(・ω・` )
    ちょっとサボっていたのもダメだったかなー。
    線画の色をいろいろ変えたりして、私としては初めての感じだったんだけどねー。
    まだまだ精進が足りないというものです。
    しばらくはこれ使うしかないけど、早く違うのに変えたいです。



    ちょっと幼い感じなので、筆頭というよりは梵天丸といったところ。


    一発で?!

    KANATA presents「あぶな絵、あぶり声〜若葉〜」のチケットが取れました。
    電話でのチケットって、取れることが少ないので今回もどうかな…って感じだったんだけど、一発でかかりました。
    初めてだよ、こんなこと!!
    比較的競争率が低かったのかも?(失礼)
    R18女性限定ってところで、高校生とかはダメだしね。
    18歳以上で良かった( ´∀`)
    イベントと言っても、朗読ということで非常に楽しみです。
    ナマ森久保さんは初めてだし、こちらも楽しみです。
    朗読って芝居とは違う難しさがあると思うので、そのへんがどうなのか。
    CDで朗読を聴いたりしますが、朗読って文字を伝えていく作業なので、ドラマCDみたいなのよりも、伝えるのが難しい気がします。
    たかぴろはどんな朗読を聴かせてくれるのかしら(≧∀≦)

    【追記 12月6日】
    チケットを引き換えてきたら、たぶん良さげなっていうか緊張しそうな席でした。
    で、先ほど確認したら、チケットはまだどの回もあるようです。
    気になる方は、ローソンチケットにGO!

    詳しくはこちら→


    隻眼

    BASARAにハマってから、改めて伊達政宗の事を調べたりしているのですが、やはり私たちの世代は「独眼竜政宗」(NHK大河ドラマ)のイメージがとても強い(苦笑)
    タイトルにもなっている「独眼」。
    BASARAな筆頭を描く時も注意するのはココだったりします。
    どうしても描く上でバランスの問題で下描きの時は普通に両目を描いて、その後右目には眼帯を着けたりするのですが、ふと頭に浮かんだ光景。

    「義眼を舐めて入れる」

    浮かんだ絵は、高河さんの絵で、何のシーンだったかなー…としばし考える。
    えーと、えーと…(-"-)

    !!

    沙那王の義眼を弁慶が入れてやってるシーンだ!!( ´∀`)
    思い出したらスッキリ。
    でも、実際にそのシーンが見たくて、本棚奥の「源氏」を引っ張り出しましたよ(苦笑)
    3巻に収録されている「義経記」の中で、13歳の義経が、左目を矢で撃たれた頼朝に捧げようと自ら目を抉りだし、その後義眼をはめるシーンがありました。

    昔読んだ作品なのに覚えているものですねー。
    このシーン好きだったな…と読み返してそんな気持ちも思い出したりσ(^_^;)

    絵と一緒に声も再生されるのですよ。
    ドラマCDはずいぶん聴いたもんなー。
    もちろん、飛田さんの清盛兄は文句なくお気に入りだったけど、キャラとしては沙那王が好きだったので、もちろん井上さんとか、弁慶の広中さんとか、空也の速水さんとかね。
    ああ、今度はドラマCDが聴きたくなってきた8(≧ω≦)8
    引っ張り出してきて聴くとするか。

    と、ここで話が戻って。
    史実の政宗は、右目を取り出してしまった後、あの時代ですから義眼のようなものをはめていたから定かではありませんが、BASARAの政宗様は右目が傍らにいる訳ですから、たぶん設定的にも義眼ははめていないのでしょうね。
    でも、ちょっと小十郎が政宗様の右目を舐めて義眼をはめる…なんていうシーンを想像してニヤニヤしちゃいました。
    まぶたの上に口づけるだけでも十分なんですけどね。

    当時から沙那王と弁慶、清盛(兄弟)と空也の主従関係にモエモエ(あの頃は「モエ」なんて表現はなかったけど)していたなと。
    主従好きは昔からなのだと妙な納得してしまいました。


    「源氏」って完結してないよね?


    | 1/53PAGES | >>